仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2019.10.18(金)
病のごと 思郷のこころ湧く日なり 目にあをぞらの煙かなしも/石川啄木

Ⅱ 震災と表現 ―― あの日、以前。あの日、以後。

2011年3月11日。あの日を境に何かが大きく変化したことを、私たちは知っています。あの日以前に存在した何か。あの日以後に存在する何か。
表現者たちが模索しつづけている、その「何か」を紹介します。



仙台ゆかりの表現者たち

青野 文昭/佐伯 一麦/熊谷 達也/伊集院 静/佐藤 通雅/高野 ムツオ/雫石 隆子/瀬名 秀明/三浦 明博/佐藤 ジュンコ/佐々木 隆二