仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2022.5.17(火)
砂の上にわが恋人の名をかけば波のよせきてかげもと

めず/落合直文

特別展「椎名誠 旅する文学館 in 仙台 2022」


     
              チラシ表PDF              チラシ裏PDF

作家・椎名誠は、1979年にエッセイ集『さらば国分寺書店のオババ』でデビューして以来、40年以上にわたり約300冊にのぼる著書を世に送り出してきました。なかでも「旅」をテーマにした作品群は椎名の代名詞ともなっています。少年時代に探検記を愛読した椎名は、作家となってから国内外各地に足を運び、その風土や人々の暮らしを体当たりで取材。それらの体験を独自の文体で綴った著作には、多くのファンがいます。今回の展示では、椎名の旅の軌跡をたどりながら、旅で手に入れた品々や自身が撮影した写真などを通して、椎名作品の魅力と旅の醍醐味をお伝えします。また、若い頃に制作した雑誌、取材ノートなど、作家の息づかいが感じられる資料を公開します。自由な移動がいまだ困難な状況にある現在、旅心を大いに刺激する椎名ワールド。この展示が、みなさんの来たる旅のガイドとなることを願っています。

椎名 誠 (しいな まこと)
1944年、東京都生まれ。会社員を経て作家となり、独自の文体によるエッセイや国内外の旅行記、私小説・SF小説など幅広いジャンルの作品で人気を博す。1988年『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞、1990年『アド・バード』で日本SF大賞受賞。写真家、映画監督としても活躍。 「椎名誠 旅する文学館」ウェブサイト

会期)2022年4月23日(土)~6月26日(日)
会場)仙台文学館 企画展示室
休館日)毎週月曜日、4月28日(木)、5月6日(金)、5月26日(木)、6月23日(木)
開館時間)9:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料)一般810円、高校生460円、小・中学生230円(各種割引あり)
主催)仙台文学館
協力)椎名誠 旅する文学館
後援)朝日新聞仙台総局、河北新報社、産経新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、読売新聞東北総局、共同通信社仙台支社、時事通信社仙台支社、tbc東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、khb東日本放送、エフエム仙台

関連イベント
トークイベント「椎名誠 旅と人を語る」  *募集は終了しました
日時)
5月4日(水・祝)13:30~15:00  ※入場の際、特別展観覧券の半券が必要です。
出演)
椎名誠氏(作家)
定員)
60名(抽選)
申込締
切)4月15日(金)必着
【申込方法】
往復はがきに、イベント名・氏名・住所・電話番号を明記して、締切日までに仙台文学館へ。申し込み多数の場合は抽選。はがき1枚につき1名、また1名1枚までのお申し込みに限ります(はがき1枚に2名以上の記名があるもの、また1名で2枚以上のお申し込みは無効となります)。
※いただいた個人情報は上記イベントのご連絡以外に使用しません。

《ご来館のみなさまへのお願い》
・体調がすぐれない場合はご来館をお控えください。
・館内ではマスクの着用をお願いします。
・ご入館の際、サーマルカメラでの検温、手洗い、手指の消毒にご協力ください。
・会場の三密(密閉・密集・密接)を避けるため、入場制限をさせていただく場合があります。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、内容に変更が生じる場合があります。

仙台文学館 〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1
TEL 022-271-3020  FAX 022-271-3044