仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2021.12.1(水)
砂の上にわが恋人の名をかけば波のよせきてかげもと

めず/落合直文

うちでうたおう 杜の都にひびけ「荒城の月 市民大合唱」の動画が完成しました

土井晩翠作詞の「荒城の月」は、明治34(1901)年に『中学唱歌』に掲載され、滝廉太郎のメロディーと共に、多くの方に愛唱されてきました。
仙台市では、晩翠の業績を後世に伝えるために、晩翠の一周忌にあたる昭和28(1953)年10月19日から仙台城址を会場に「荒城の月」の大合唱を開催してきました。平成29(2017)年からは会場を仙台文学館に移し、毎年歌い継がれてきましたが、昨年コロナ禍の中、中止を余儀なくされました。
今年は「荒城の月」が発表されて120年目の記念の年にあたることから、「荒城の月 市民大合唱」の動画を作成しました。昨年に続き、一同に会しての合唱はできませんが、動画をご覧いただき、ご一緒に「荒城の月」を歌っていただければと願っています。

出演 仙台童謡愛好会
撮影協力 仙台市立木町通小学校 仙台市立立町小学校 仙台市立片平丁小学校
制作協力 渡邊博一
企画制作 仙台市・仙台文学館

次のサイトでご覧いただけます

せんだいTube【仙台市公式動画チャンネル】
 >2Chせんだいの魅力>せんだいの魅力単独動画>うちでうたおう 杜の都にひびけ「荒城の月 市民大合唱」

https://www.youtube.com/watch?v=A5kyJCNWQUg