仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2022.9.28(水)
窓をあければ何があるのであらう くもりガラスに夕やけが映つてゐる/尾形亀之助 恋愛後記

小池光 短歌講座 2022     

 

短歌講座2022チラシPDF

 

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。*仙台文学館ゼミナール 2022表現をみがくコース

小池光(こいけ ひかる)
1947年宮城県柴田町生まれ。東北大学理学部大学院修了。1972年「短歌人会」に入会。第2代仙台文学館館長(2007年4月~2020年3月)。2011年4月、『山鳩集』で第3回小野市詩歌文学賞を受賞。2012年、『うたの動物記』で第60回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。2013年春、紫綬褒章を受章。2016年2月、『思川の岸辺』で第67回読売文学賞を受賞。2020年秋、旭日小綬章を受章。おもな歌集に『バルサの翼』『時のめぐりに』『梨の花』、評論集に『茂吉を読む 五十代五歌集』『石川啄木の百首』など。読売新聞、北国新聞などの歌壇選者をつとめる。

日程

     開催日    締切
第141回 5月 7日(土) 4月12日(火)
第142回 6月4日(土) 5月10日(火)
第143回 7月 2日(土) 6月10日(金)
第144回 9月 3日(土) 8月10日(水)
第145回 10月 1日(土) 9月9日(金)
第146回 11月 5日(土) 10月11日(火)
第147回 12月 3日(土) 11月10日(木)
第148回 1月 7日(土) 12月9日(金)
第149回 2月 4日(土) 1月11日(水)
第150回 3月 4日(土) 2月10日(金)

時 間 13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

受講料 1回 1,000円

定 員 各回 60人(抽選)

申込方法 ※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、電話番号、講座名、参加を希望する回・月を明記の上、仙台文学館へ。はがき1枚につき1人、1講座の申込み。締切は、それぞれ必着になります。申込み多数の場合は抽選になります。

申込み・問合せ先 
仙台文学館 〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1 TEL.022-271-3020

※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用しません。
※新型コロナウィルス感染症の影響で、中止となる可能性があります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。