仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2022.5.17(火)
病のごと 思郷のこころ湧く日なり 目にあをぞらの煙かなしも/石川啄木

「月にまつわるエッセイ」入賞作品決定のお知らせ

2021年は、仙台出身の詩人・土井晩翠の作詩による名曲「荒城の月」が発表されて120年、また晩翠生誕150年の節目の年でした。それを記念し、みなさまから「月」にまつわるエッセイ作品を募集しました。全国から206編の作品が寄せられ、当館館長・佐伯一麦(作家)による選考の結果、最優秀賞1作品、優秀賞2作品が決定しました。
詳細はこちらをご覧ください。 https://www.sendai-lit.jp/5644