仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2020.7.13(月)
むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをゆかいに ゆかいなことをまじめに/井上ひさし

文学に見る震災資料展                 雫石隆子の川柳でたどる東日本大震災


文学に見る震災資料展
雫石隆子の川柳でたどる東日本大震災
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会期:2020年2月28日(金)― 4月5日(日)9:00―17:00
 
会場:仙台文学館2階ギャラリースペース
 
 
雫石隆子(川柳作家)の作品を紹介したパネル展を開催いたします。また、パネル展と同時に、主に2018年以降に出版された、3.11に関連した、詩、短歌、俳句、川柳、児童書、絵本、漫画、雑誌、小説、エッセイ証言記録集、写真集などを手にとってご覧いただけます。
 
この展示は、[全国文学館協議会 2019年度共同展示 3.11文学館からのメッセージ]の一貫として行われます。全国文学館協議会共同展示は2013年3月より始まり、第8回を迎える今年度は32の文学館で開催いたします。
 
各館の開催状況は、日本近代文学館「部会活動」https://www.bungakukan.or.jp/zenbunkyo/activity/をご確認ください。