仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2017.9.24(日)
病のごと 思郷のこころ湧く日なり 目にあをぞらの煙かなしも/石川啄木

こまつ座第119回公演 日立システムズホール仙台&仙台文学館企画事業『円生と志ん生』

落語界における昭和の大名人・古今亭志ん生と三遊亭円生。井上ひさしの戯曲『円生と志ん生』は、この二人が、太平洋戦争中に連れ立って満州を放浪し、終戦後はソ連に占領された満州大連市に足止めされた、という史実をもとに執筆した評伝劇です。劇中、二人は混迷の大連で様々に困難な境遇におかれている女性たちと出会い、噺家ならではの滑稽なやり取りで結果的に彼女たちを救っていきます。戦後の日本人を大いに楽しませ、さらに励ましもした名人・円生と志ん生が、人生との闘いを通じて、その話芸を磨き上げることになった、混迷と狂騒の一時期を、フィクションと音楽を交えながら趣向を凝らして描いた井上芝居、仙台初上演。お見逃しなく。

 

■日時:2017年10月8日(日)14:00開演(開場 13:30)

■会場:日立システムズホール仙台 シアターホール

■出演: 大森博史 大空ゆうひ 前田亜季 太田緑ロランス 池谷のぶえ ラサール石井
/ 演奏・朴勝哲

■入場料:S席 5,800円 A席 4,800円 B席 3,800円 ユース席(25歳以下)2,000円
※全席指定〔市民文化事業団友の会・文学館友の会会員は S席5,500円・A席4,500円(前売のみ)〕

 ※未就学のお子様は入場できません。
 ※ユース席のチケットは、当日受付にて年齢確認・枚数限定。
 ※車椅子席は数に限りがございます。仙台文学館までお問い合わせください

■一般発売 開始日:7月7日(金)

■プレイガイド:
藤崎、仙台三越
チケットぴあ【Pコード/459-405】、ローチケ.com【Lコード/22729】
◎仙台市市民文化事業団(日立システムズホール仙台1F事務局内) 022-727-1875
◎仙台銀行ホール イズミティ21 022-375-3101
◎仙台文学館 022-271-3020
 ※◎印の施設では、電話予約と友の会割引が可能です。
 ※ユース席のチケットは、仙台文学館のみでの取扱いとなります。