仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2017.12.19(火)
むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをゆかいに ゆかいなことをまじめに/井上ひさし

方言を味わう、方言から考える~『吉里吉里人』の世界~

2016live方言001私たちが日常使う「ことば」。それぞれの地域に根ざした「ことば」は「方言」として、一人一人の生活に息づいています。井上ひさしの代表作『吉里吉里人』では、「吉里吉里語」は単なる「方言」ではなく、吉里吉里人のアイディンティティであることを描き出しています。
震災後、地域の復興と「方言」との関係の重要性が指摘されています。『吉里吉里人』を通して「方言」の持つ深く豊かな世界を耳で味わいながら、井上ひさしが生涯こだわり続けた「ことば」の本質的な力を改めて考えます。

■日時: 11月4日(金)18:30開演(18:00開場)

■会場: 宮城野区文化センターパトナシアター(仙台市宮城野区五輪2丁目12-70)

■入場料: 全席指定 2,300円

*「仙台市市民文化事業団友の会」「仙台文学館友の会」会員は、前売り券のみ2,000円
*未就学児のご入場はご遠慮ください。
*車椅子席は数に限りがございます。仙台文学館までお問い合わせください。

 

[第1部]
井上ひさし『吉里吉里人』より
「第二章:俺達の国語ば可愛がれ」(おらだのこくごばめんごがれ)朗読
ウィリーささき。(日本朗読検定協会認定プロフェッサー)

[第2部]
対談「吉里吉里語から考える地方の姿」
赤坂憲雄(学習院大学教授)・小森陽一(東京大学大学院教授)

 

《プレイガイド》 ◎の施設では電話予約と友の会割引が可能です。
藤崎/仙台三越/◎仙台文学館(℡022-271-3020)/◎イズミティ21(℡022-375-3101)/◎日立システムズホール仙台〈仙台市青年文化センター〉1階事務室(℡022-727-1875)

主催/公益財団法人 仙台市市民文化事業団  企画・構成/仙台文学館  協力/井上事務所 有限会社荒蝦夷

 

お問い合わせ: 仙台文学館 〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1 ℡022-271-3020