仙台文学館

ことばの
杜を
あるこう

2016.5.26(木)
砂の上にわが恋人の名をかけば波のよせきてかげもと

めず/落合直文

街に出る文学 ライブ文学館vol.15           宮部みゆき・京極夏彦 東北で語る

 

 「仙台の街に文学を届ける」をテーマに、朗読で文学作品を味わっていただく「ライブ文学館」の第15回は、長年に渡りベストセラーを出し続けている小説家・宮部みゆきさんと小説家・京極夏彦さんの二人をゲストにお迎えします。
宮部みゆきさんは、社会派ミステリー、歴史・時代小説、ファンタジー小説、SF、絵本と様々な作品世界で人気を博しています。数多くの作品が、映画やドラマなど映像化されています。
「百鬼夜行シリーズ」でミステリー・怪奇・幻想小説という既存のジャンルに当てはまらない新しいジャンルを築き絶大な人気を誇る京極夏彦さんは、前回の「ライブ文学館vol.14 死者の魂と語らう」に引き続いての登場となります。
今回のライブ文学館では宮部さんの多くの作品の中で、東北を舞台とした『荒神』に迫ります。第一部ではお二人の朗読の共演とピアノ演奏をお楽しみいただき、第二部では『荒神』の世界について、たっぷりと語っていただく二部構成となります。

[第1部]出演者

宮部みゆき作『荒神』朗読の共演とピアノ演奏

宮部みゆき(小説家)/京極夏彦(小説家)
/榊原光裕(ピアニスト)

[第2部]
鼎談 東北を語る、荒ぶる神を語る

宮部みゆき(小説家)×京極夏彦(小説家)
×東雅夫(文芸評論家・アンソロジスト)
|司会|千葉由香(荒蝦夷)

日時 : 2016年3月18日[金]/19:00開演(18:30開場)
会場 : イズミティ21<仙台市泉文化創造センター> 小ホール
入場料(全席指定) 3,800円
※チケットは完売いたしました。

[前売り一般発売開始日] 2015年12月15日[火]
*未就学児のご入場はご遠慮ください。
*仙台市市民文化事業団友の会、仙台文学館友の会会員は、前売り券のみ3,300円

[プレイガイド]
藤崎/仙台三越/※仙台文学館℡022-271-3020/※イズミティ21℡022-375-3101
/※日立システムズホール仙台〈仙台市青年文化センター〉1階事務室℡022-727-1875
/チケットぴあ【Pコード/631-114】/ローチケ.com【Lコード/25120】

※「仙台文学館友の会」会員は、仙台文学館で、電話予約と友の会割引が可能です。
※「仙台市市民文化事業団友の会」会員は、日立システムズホール仙台〈仙台市青年文化センター〉とイズミティ21で、
電話予約と友の会割引が可能です。

 

主催/公益財団法人 仙台市市民文化事業団 企画・構成/仙台文学館 協力/有限会社 荒蝦夷